ハーレーダビッドソンジャパンとHONDA

バイク

大型バイクはバイクが好きな方であれば誰もが憧れる乗り物でしょう。大型バイクを取り扱っているバイクメーカーは国内外に多数ありますが、大型バイクと言えば「HONDAシリーズ」と「ハーレーシリーズ」が挙げられます。日米大型バイクとして多々比較されますが、どちらも高い人気があります。

例えば、排気量はハーレーの方が大きい傾向にあります。ハーレーダビッドソンジャパンが販売しており、長距離のツーリングに適しています。エンジン音も特徴的なもので、鼓動感が好きで乗っている方も入る程です。また、初期の純正パーツをカスタマイズすることで自分だけのオリジナリティーを出すことができます。

ハーレー パーツの役割とカスタムならこちらへ

一方のHONDAもデザインなどが毎回好評で、ノンカスタマイズで乗っている方が専らです。また、故障率が極めて低く安全性の良さを求めてHONDAを選ぶ方も少なくありません。

どちらも一長一短の特徴があります。どちらが自分に合っているのか、様々な要素を比較すると良いでしょう。

バイク

HONDAのハーレーのようなモデルの大型バイクの特徴

エアフィルター

ハーレーのようなモデルのバイクは「アメリカンタイプ」と呼ばれています。その特徴はVツインエンジンを搭載し、ポジションは手足を前に投げ出すようなスタイルで運転するという事です。世界各国、特に大型バイクで多く見られ、人気があります。もちろん、日本のHONDAでもそういった大型バイクを発売していましたが、その特徴は、本家には無い乗りやすさと信頼性です。

本家ハーレーのエンジンは空冷Vツインエンジンで、その他多くのメーカーもそれに倣っていますが、HONDAでは水冷エンジンを採用しています。気筒数も中型ではほとんど2気筒ですが、大型バイクでは4気筒や水平対向6気筒など空冷Vツインというカテゴリーに囚われないモデルを発表しています。これは水冷の方が振動も少なく快適であるという事、気筒数が多い方がパワーと快適性を稼げるという事で、より走りやすくなります。こうしてHONDAは他のアメリカンタイプには無い快適性と信頼性を生み出しているのです。

バイク

ハーレーとHONDAの共通点

エンジン

アメリカ生まれのハーレー、日本が世界に誇るバイクブランドHONDA、この二つのメーカーに共通して言えることは、バイク作りに情熱があるというところです。ハーレーダビッドソンは全車種に渡り、ハーレーダビッドソンらしい味付けをしていて、どのバイクも乗っていて心が高揚するバイクを作っています。また、HONDAは大型バイクから小型バイクまで、日本人らしい細やかな技術を活かしたバイク作りをしています。

海外メーカーと比較すると故障のリスクは低く、非常に精密に作られています。HONDAのバイクは海外で非常に高い人気を得ていて、メイドインジャパンの価値を上げている象徴でもあります。大型バイクというとアメリカが本場のような風潮がありますが、日本でも大型バイクの需要はあります。大型バイクを乗るには免許が必要なので、誰でも気軽に乗れるという訳ではありませんが、一生楽しめる趣味として、大型免許を取得するのも良いでしょう。

中古車の購入を検討

バイクで走る

大型バイクはバイク乗りの憧れです。HONDAやハーレーといった人気ブランドの大型バイクをいずれゲットしたい、と心に決めている人々もいるはずです。ただ、大手ブランドの製品は基本的に高めです。また排気量と機動力に優れた大型バイクはブランドに関係なく値段設定が高め、ハーレーの輸入車になれば、円相場も値段に関わってくるでしょう。

またHONDAは市場でも人気が高くあまり新車は安くなりません。どうにかして大手ブランドの名車を安くゲットしたい、と考えている方々もいるはずです。そういった方々は、一度中古車の購入を前向きに考えてみましょう。中古バイクなら使用感は目立ちますが、値段は新車のそれと比べて圧倒的に安価です。新車だと高嶺の花のハーレーやHONDAの名車も、ユーズドなら庶民の貯金が買えます。

あるいはネットオークションサイトで同じく中古バイクを探してみるのもオススメです。家庭の事情で愛車を手放す人々は少なからずいらっしゃいます。

ハーレーのパーツを持ち込み取り付けをお願いする場合

取り付け依頼

ハーレーは、日本人でもかなり熱心な人がいますがそのような人はパーツに関しても熱心な傾向があります。本来であれば、ハーレーはノーマルで乗るのが魅力的ですが、独特のエンジン音に加え改造しなければもったいないような見た目を考えるとやはりどうしてもパーツを購入して改造してしまう傾向があります。

そのため、ハーレーはたくさんの社外品パーツが販売されており選ぶのも一苦労になるでしょう。パーツは、自分で取り付けやすいものとそうでないものに分かれます。例えば、サイドにつける革のバッグなどは特に改造しなくても比較的簡単に取り付けることができます。これをつけることにより、小物などを入れておくことができますので、転倒しないかぎりどこかになくすことがないでしょう。もともと車高が低く設定されているハーレーでは転倒しにくいようにできています。

ただ、バーツの中にも自分でつけるのはなかなか大変なものも少なくありません。例えばホイールを変える場合などはやはり専門の業者にやってもらった方がよいでしょう。一般的には購入するお店で付けるようになりますが、購入をインターネットにした場合などはお店で付けるわけにはいきません。そこで持ち込みをすることで、取り付けてもらうことになります。

持ち込みをする場合には、取り付け費用がかかりますがそこの店で購入して取りつけた方が安くなるパターンが多いです。ですが、インターネットで購入するならば持ち込みをした方が安くなる可能性が高くなるでしょう。ちなみに、パーツによってどれぐらいの金額になるかが変わってきます。たいていの場合は\10000以内で行うことができますが、大きな会場になると数万円することも少なくないです。

カスタムパーツ